FC2ブログ

記事一覧

あくまでサラリーマン






「休日」という
ブログを書いての補足ですけど、私らは雇われてる身分であって根本はサラリーマンです。
経営者のつもりでとか、オーナーシップだ!
とか強引に押し付けてくるのは理解に苦しみます。
あくまで雇用関係は、労働者。ワーカーなのです。
雇われてる時点であの方々の気持ちは、分かるわけがない。






だって毎月のように、当たり前の様に振り込まれる給与、それがオーナーの場合、自分自身でお金を稼ぎにいく、収入10万の時もあれば50万超える月だってある。夢があるようで現実は本当に大変なのだとお話しさせていただく時にヒシヒシと伝わってきます。
そして、仕事の話しをしてるとオーナーさまは目がキラキラ、ギラギラしてる。
童心に帰るように苦労話しを、成功話しも惜しげもなく教えてくれる。
この荒波を乗り越えていく覚悟は凄まじい。








そーゆー意味では、経営は
実際に経営した時にしか痛みは分からないもんだと思ってます。


置かれてる立場、見てる視点、背水の陣、本当に本当に分かるのは実際に現実社会で自営業主として営業してる人のみにしか分からないんだと。
こうやってブログで、あーだこーだ書いてますけど、実際には経営してない。
であるからに、絵に描いた餅なんですよね。







知り合いのオーナーさまは、36時間労働、2回倒れて救急車呼ばれてって、、、
結局は本当に死ぬ気でその立場に立たされた人にしか分からないものなんですよね。
だから分かるわけがない。
労働者の立場で36時間働きますか?
現代社会では難しいです。
普通ぢゃあ考えられない。







36時間労働でフラフラになりながら、お店に立つ覚悟。
子供3人、私立で育て大学まで行かす。
自分が着るもの、乗る車、家とかの前に、源泉であるお店ありきなのだと。
つまり、自分にお金をかけるより、お店に、子供にが最優先なんだと、
子供の成長を見れなかった分、教育費にはお金をかけ立派に育てたオーナーさまは、心から凄いと思います。
なのでその立場にしか、その時にしか分からない責任だったり、背水の陣の気持ちだったりがあるんですね。






なので、労働者は一生労働者。
アルバイト、正社員、オーナー、社長、代表、その人達のコミニュティの視点、関係性があって類は友を呼ぶとは本当にその通りです。







以上です。
良かったら下の いいね!
下さい。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント